非PGなWordPressユーザーのための、ゆるかわCMS『seezoo』解説

まだあまりメジャーではありませんが、seezooっていうオープンソースCMSがあります。
ひょんなことから開発チームの方と仲良くなりましたので、ひいきにしております。
WordPressを普段使いしている私ですが、正直お客さんに納品する案件でWordPressではそぐわないケースもあるわけで。
そういうケースで代替のCMSがあったらいいな、というときの選択肢になると思います。

例えば、

  • 投稿機能はあまり使わず固定ページ機能中心でサイト構築してる
  • エントリーをガンガン増やしていくのではなく、既存のページの書き換えの方が多い

とか。

去年からずっと「やるやる詐欺」でおりましたが、ようやく一通り印象がまとまったので書いていこうと思います。

seezooってどういうCMS?

メジャーどころでいうとconcrete5に似ています。というかconcrete5を参考に、PHPフレームワーク「CodeIgniter」で書いたもの、と聞いております。
(※と書いたら、seezooがconcrete5ベースと勘違いされた方がいらっしゃったようなので、一応「CodeIgniterベース」ですよという追記をば。)

開発者の@sugimoto1981さんが趣味でつくったものがいまやいろんなサイトやシステムの開発用の土台になっているみたいです。

(私はconcrete5はデモ画面をちょっと触った経験しかないので比較はできませんが、使い勝手的にseezooはまた別物と考えています。
AdobeのオーサリングソフトContributeを使っているようなクライアント向け、っていうのも聞きました。)

seezoo 編集モード

ログインして編集モードにすると、編集可能箇所が赤点線で表示される

この赤点線で囲まれた編集できる区画のことをseezooでは「ブロック」と呼んでいます。
ブロックの数は自由に増やすことが出来ます。

「文章だけのブロック」「見出しのブロック」「画像のブロック」「画像1枚と文章がセットになったブロック」「スライドショーが作れるブロック」「お問い合わせフォームのブロック」etc、
いろんな種類のブロックが用意されています。

いろんな種類のブロックを増やせます

まぁこのあたりは私が説明するよりデモサイトを触ってもらった方が早いです。

WordPressと比較したseezooの特徴

  • 国産。日本語正義w
  • とにかくシンプル。テンプレートとなるPHPファイルは最少1枚だけでOK
  • PHPわからなくても3種類くらいのコードをコピペできればOK
  • もちろん、PHPがわかればガッツリカスタマイズ可能
  • プラグインの類はほとんど出回ってない
  • まだまだ開発途上なので穴はいろいろある
  • ドキュメントやチュートリアルもまだ全然情報不足
  • でもそこを報告したり要望を直で開発者にぶつけたりできる
  • つまり、自分も開発に携わってるという楽しみや満足感が得られる

ざっとこんな感じでしょうかね。
もうちょっとWordPressとの違いを掘り下げるなら…

1.固定ページ作成をメインとするCMS

WordPressはコーポレートサイトでの使用例も多数ですが、根底にある概念が「ブログツール」。
seezooは、今まで静的に組んでたサイトの構築や管理を効率化するためのツール、といったところでしょうか。
(簡略化されてはいますが、ちゃんと「ブログ」っていう機能も用意されています)

2.ブロックごとに編集画面が用意されている

WPのビジュアルエディタは、HTMLのわかる人なら問題ないのですが、まったくの素人のお客さんにはえてして評判が悪かったりするものです。
seezooでは、実際公開されている画面をそのまま編集モードにできるのでWPよりとっつきやすいです。

ページ全体が1つのエディタに入っているのとか、そもそも「ダッシュボードでいろいろやる」ってことが、意外とお客さんへのハードルが高いみたいです。

3.テンプレートの分岐、という概念がない!

WordPressのテーマカスタムのキモといえば、「ループ」とか「条件分岐」とか。
seezooテーマには、これらの指定が一切ありません!

トップと下層でデザインやレイアウトを分ける場合は、別テーマという扱いになります。(それか、テーマに書かずブロック化するか)
作成した固定ページの1枚1枚に、どのテーマを適用させるかという指定が管理画面上でできるのです。

WordPressのループで挫折したそこのあなた、seezooなら大丈夫ですよ!!

seezooの未来はぼくたちあなたたちがつくる!

seezooは、PHP、CodeIgniterの知識がない人にとっては
「シンプルで使いやすいサイト構築・管理ツール」
PHPが書ける人には
「これをベースにカスタマイズしてオリジナルの更新システムを作れるフレームワーク」
という扱いになるかと思います。

seezooは「発展途上」ってのがほんとにそうで、他CMSなら標準やプラグインで可能な機能が、seezooではなかったりします。(モバイル対応とか)
また、公式のユーザーガイドはPHPやCodeIgniterを知ってる人向けに書かれているので、HTMLとCSSしか分からない人へのハードルが高いのが現状です。

でも、テーマ作成はWordPressよりもよっぽど簡単なんです!

ということで次回記事では、「非PGなWordPressユーザーのための、ゆるかわCMS『seezoo』テーマのつくりかた解説」を書く予定ですので、お楽しみに!

おまけ:有償商用版もあります!

seezoo moreという名称で、商用版の販売もスタートしました!
用途に合わせてオープンソース版、商用版の導入検討をいただければと思います。

サイトもゆるかわ!

コメント / トラックバック 1 件

links for 2011-06-17 « 個人的な雑記2011/06/18 07:06

[…] 非PGなWordPressユーザーのための、ゆるかわCMS『seezoo』解説 | マイペースクリエイターの覚え書き (tags: cms) […]

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。
  • 記載内容に関する批判や間違いの指摘などはそのまま掲載する方針ですが、投稿内容と無関係な誹謗中傷、一方的な罵詈雑言の場合は削除させていただく可能性があります。
  • 通常業務の合間にコメントチェックをしておりますので、すべてのコメントへのお返事が出来ない場合もございます。あらかじめご了承ください。
  • 管理人個人への連絡等は、コメント欄ではなくコンタクトフォームをご利用ください。

今年もスタッフしました!

書籍を執筆しました

WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】


翔泳社さんより、2015/02/27発売です。

寄付歓迎(・ω<)☆

当ブログの記事があなたの役に立ったら、気が向いたらでいいのでドネーションいただけると更新の励みになります!
気が向いた方はこちらから

ブログ内検索