で、「Webプランナー」と「Webディレクター」と「Webプロデューサー」の違いって何なの??

すみません。図らずも久しぶりの更新になってしまいました。
フリーランスデビューはありがたいことに(?)バタバタの幕開けでして。

さて、TwitterのTLでちょっとこういう話が出たので、自分の考えをまとめるがてら、めも。

自分の職業をうまく説明する単語が見つからなくて。

Webサイトの実際の制作をする「Webデザイナー」「コーダーorマークアップエンジニア」「Webプログラマー」などは、個人的に具体的な仕事の中身がイメージしやすいのですが、
Webプランナー」と「Webディレクター」「Webプロデューサー」の違いって、なんだか自分の中で漠然としています。

いや、私はデザインやマークアップよりも、「Webプランナー」「Webディレクター」と名乗っていた(会社的に名乗らされてた)時期の方がずいぶん長いので、本当はわかってないといけないはずなのですが。

会社から与えられた職種名で漠然とやってきたからこそ、本質が見えなくなっているということもあるのでしょう。
ここでちょっと思考整理。

※あくまで私が思うものですのであしからず。

私が思う三者の役割。

Webプランナー

主にWebサイトのコンテンツ企画、クライアントとの打ち合わせを中心に行い、クライアントの要望を制作者に伝える。(制作者側の希望をお客さんに提案することも。)

お客さんと制作実務スタッフとの橋渡し的存在。

Webディレクター

スケジュールや工数管理を含めた、人を動かす業務が中心。

Webプランナーと同様にクライアントとの折衝もするが、コンテンツそのものもだけど進行の円滑化に重きを置いてるイメージ。
プロジェクト全体の人間の動きを俯瞰すべき立場にいる人。

Webプロデューサー

ディレクター業務に加え、「お金の管理・折衝」という責務が加わった、プロジェクトの頂点に立つ存在。
代理店がらみとか、規模の大きい案件で各方面に顔を利かせ、頭を下げる立場にある人。

勝手なイメージですが、
プランナー < ディレクター < プロデューサー いう感じで上位職になってるのかなー、と思っています。

Twitterで頂いた他の人の意見も紹介しておきます。

プランナー
「全体像を比較的現実ベースで考えて提案する人」
ディレクター
「現場監督たまに現場作業兼なんでも屋」
プロデューサー
「ざっくり希望を描く人、予算おさえてくれたらユー最高」

プランナー
楽しいことを考えるアイディアマン
ディレクター
それを時間やお金と見合った具体的な着地点に落とすひと
プロデューサー
それら全ての統括者、責任者、たよれるヒーロー

つくるところに手を出す人と出さない人。
プランナー=計画する人=総務課
ディレクター=企画する人=監督・議長
プロデューサー=統括する人=庶務課 なかんじ

とはいえ、現実はただの階級制度かも。

ここまで書いておいてなんですが・・・・・・

「Webプランナー」「Webディレクター」「Webプロデューサー」なんて、会社によって指す物違ったりするわけで。
それなりの規模の制作会社では、どっちかというと仕事内容より「主任」「課長」「部長」という階級名の代わりに使われたりしてることもあるんじゃないかなーと推測します!

ちなみに、私が最初に就職した会社では、最初「Webプランナー」という肩書きを与えられてお客さんところへ打ち合わせに行ってましたが、ある時Webプランナーは「Webディレクター」という肩書きに変えられました。
意味合いとしては、「営業担当=お客さんの要望を直接聞くプランナー」なんだから、おまえらは専門職としてしっかりプロジェクト管理しろよ」ということだったような記憶です。
で、唯一「Webプロデューサー」という肩書きの名刺を持っていたのが、制作部の部長でした。たしかに、全体を統括しとった。

まあ、そんな感じです。

しかも業界外ではほぼ何をやってるか伝わらない言葉ですからね、明確な答えなんてないのでしょう。
結局名乗ったもの勝ちなんだと思います!

ご意見募集中。

結局、まとまらないまま書いてしまいましたが、この点について絶賛ご意見募集中です。
Web業界以外の人にも仕事内容をイメージしやすくなるような説明とかも。ぜひ。
多くの人の考え方や、会社での職種名の使われ方の違いなんかをを比較してみたいです。

余談。

ちなみにこれを思ったきっかけは、自分のフリーランス活動用の名刺を作るにあたって、最初は職種名を載せるつもりはなかったのですが、「でも、聞かれるよなぁ」と思って、じゃあ何が一番しっくりくるんだろう、と思ったことからです。デザインもやるけどデザイナーじゃないし、コーディングもやるけどコーダーってわけでもないし。。。

結局、上記のように整理した結果、どれも今の自分にはしっくり来ず、これまたすげー漠然としてますが勝手に「Webコーディネーター」と名乗ることにしました。
作る方だけじゃなくて、いろんな人のいろんなニーズに合わせていろんな制作者さんをつなくべく動き回る存在が、今の私の目指すポジションなので。
(まぁ、つまり楽したいってことかもw)

あ、でも暫定なのでしっくり来なければ変えるかも。。。

コメント / トラックバック 2 件

:mariko| 2016/01/21 10:55

最近独立してフリーランスになりました。私も名刺を作る際に、あらためて肩書どうしよう…と悩み調べたところこちらの記事にたどり着きました。すごく分かりやすかったです!

:mypacecreator| 2016/03/07 13:51

>marikoさん
コメントありがとうございます。たしかに難しいところですよね。

ちなみにこの記事の後しばらくして、私は「同業者向け」と「一般クライアント向け」の2種類の名刺に分けました。「一般クライアント向け」には肩書を入れていません。

この記事を書いてから5年経って思ったことは、肩書って名刺交換の時のコミュニケーションのきっかけになりうるところなので、あえて「****ってどんなお仕事なんですか?」って、相手が聞きたくなるようなものを仕込んでおくというのもテクニックとして有効だ、ということです。
肩書なんて、相手との関係性で決まる相対的なものでしかないですからね^^;

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。
  • 記載内容に関する批判や間違いの指摘などはそのまま掲載する方針ですが、投稿内容と無関係な誹謗中傷、一方的な罵詈雑言の場合は削除させていただく可能性があります。
  • 通常業務の合間にコメントチェックをしておりますので、すべてのコメントへのお返事が出来ない場合もございます。あらかじめご了承ください。
  • 管理人個人への連絡等は、コメント欄ではなくコンタクトフォームをご利用ください。

今年もスタッフしました!

書籍を執筆しました

WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】


翔泳社さんより、2015/02/27発売です。

寄付歓迎(・ω<)☆

当ブログの記事があなたの役に立ったら、気が向いたらでいいのでドネーションいただけると更新の励みになります!
気が向いた方はこちらから

ブログ内検索