『WordPress』カテゴリーの投稿一覧

WordPress4.1~4.3.xでカスタムフィールドを使い、投稿ごとにタイトルタグを自由に編集する方法(フィルターフック使用)

4年前の2011年5月に『初心者でもプラグインを使わずにtitle,meta keyword,descriptionを投稿ごとに変える[WordPress使えそうなスニペットシリーズ]』という記事を書き、昨2014年10月にコードを見なおして記事を改訂しました。

しかし、2015年1月にリリースされたWordPress4.1からは、タイトルタグはheader.phpではなくfunctions.phpで定義して出力する方法が推奨と変わりました。
そこで、カスタムフィールドを使って投稿ごとにtitle要素を任意の文字列に変更するためのコードを書きなおしてみました。
»続きを読む

WordPressサイトでGoogleから「CSS ファイルおよび JS ファイルに Googlebot がアクセスできません」と言われたら原因はバージョンかも

「CSS ファイルおよび JS ファイルに Googlebot がアクセスできません」こういうやつが来たら

昨夜(2015年7月28日夜)から今日(29日)にかけて、Google Search Consoleからこんなメールをもらった人が結構いると思います。

(サイトURL)の CSS および JS ファイルに Googlebot がアクセスできません

Google のアルゴリズムによるコンテンツのレンダリングとインデックス登録に影響を及ぼす問題が貴サイトで発生していることが Google のシステムにより判明しました。具体的には、robots.txt ファイルでの制限のために Googlebot が JavaScript や CSS ファイルにアクセスできません。Google では、これらのファイルによりウェブサイトが正常に機能していることを認識するため、これらのアセットへのアクセスをブロックすると検索結果における掲載順位が本来よりも低くなる可能性があります。

Googleはいつも月末や年度末などの慌ただしい時にこういうのを送ってくるので困ります^^;
午後あたり問い合わせがたくさん来そうですが、個別に対応している時間がないのでとりあえず書いておきます。

»続きを読む

WordPress日本語フォーラムの解決率(自分が関わった分)を調べてみた

先月書いた「初心者向けこわくないWordPress日本語フォーラムの使い方のコツ」という記事の中の
「ところで、WordPress日本語フォーラムの解決率はどのくらい?」という内容で

最近120件くらいの履歴をざっと確認したところ、おおよそ[解決済み]ステータスに変わっているのは6割弱くらいでした。
(略)
※後日もう少し正確にカウントします

と書きました。
自分も気になったので、言った通りもう少しちゃんとカウントしてみました。

»続きを読む

初の著書『WordPress 標準デザイン講座』という本の想定ターゲットや、執筆に至るきっかけなど

実はここ4ヶ月くらい、本を書いていました。
WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】』という本で、同じ名古屋在住の石原さんとの共著です。
2015年2月27日(らしい)、翔泳社さんより発売されます。

1月中旬にはすでにAmazonに掲載されていて、宣伝や拡散できるようにはなってたんですが、原稿が完成していない状態で宣伝する気にはまったくなれず、このタイミングでのお知らせとなりました。
※まだ校正作業やサンプルデータの調整が続いており、完全に脱稿までは至っていないのですが…

ここでは、出版社さんからの公式情報には書いてない、この本の特徴などを書いていきます。
»続きを読む

初心者向けこわくないWordPress日本語フォーラムの使い方のコツ

フォーラムこわくないよ!

2015年になってしまいました。あけましておめでとうございます。
正月明け早々、明日は人生初の人間ドックです。会社員時代はそういう福利厚生一切無かったので、大学生の時の健康診断以来です。さてさてどうなることやら。

さて新年1つ目の記事は、WordPress日本語フォーラムについてです。
年末、現実逃避で久しぶりにフォーラム巡回をしたのですが、かなりの質問の数におののきつつ、できる限りで回答をしました。
フォーラムでは「ああ、もっとこういう情報があれば答えやすいのに」と感じる質問も多いのですが、一方で「何をどうやって質問したら良いのか分からないけれど、誰にも聞けなくてフォーラムに一筋の光を求めてきました」という悲痛なSOSも感じ取れます。

以前も『感謝と恩返しとWordPress日本語フォーラムと私 -WordCamp Kansai 2014リレーブログ-』の記事でもWordPress日本語フォーラムについて書きましたが、勉強会とかに行くと「フォーラムこわい」という声はやはり多いです。
質問者と回答者が双方気持ちよく使えるように、こわくないフォーラム活用について、常々思っていることをまとめてみたいと思います。

※WordPress日本語フォーラムに特化した形で書いていますが、おおよそは他のコミュニティやQ&Aサイトでも共通だと思います。

»続きを読む

私が普段WordPress案件で入れてるプラグインを紹介(2014年秋版)

WordBench Nagoya 11月勉強会の最後にアンカンファレンス(班別質問タイム的な感じの)をやった時、「Kさんが毎回必ず入れるプラグインを教えてほしい」という質問をいただいたのですが、残念ながらタイムアップとなったため、ブログにまとめることとなりました。

前提として

サイトの用途によって必要なプラグインも変わってきますが、スタンスとしては

  • クライアントワークで、企業サイトを作るというケースを想定
  • 公式ディレクトリ登録プラグイン
  • なるべく高機能ではない(負担の低そうな)もの
  • 迷った時は国産(知人作)

という感じです。
基本的なWordPress関数で済むような処理は原則として自分で書きますので、なるべくコードを書かずに表示をいじったり機能を追加したい、という方向けではないと思います。
ですので、よくある「使えるプラグイン○個まとめ」的なエントリーとはまた違ったプラグイン選定になっているのではないでしょうか。
»続きを読む

WordPressで、カスタム投稿タイプのアーカイブや記事ページのURLには/archivesとかを入れたくない場合の指定

特定の人に聞かれたり、教えたりしたことを書いとくシリーズです。ネタ的には多分既出です。

カスタム投稿タイプを使って企業サイトなどを制作する場合、
投稿部分はブログやお知らせなどで使っていて、パーマリンク設定を「数字ベース」にしていたり、
カスタム構造で自作の設定にしていたりして、頭にひとつ階層が挟まるようにしているケースの話です。

たとえばこんな状態ですね。

  • /archives/%post_id%
  • /entry/%postname%/

この時、カスタム投稿タイプ(例「よくある質問(faq)」を作ると、URLが

  • http://example.com/archives/faq/11
  • http://example.com/entry/faq/entry-title/

とかいう形になってしまい、ちょっと困る。
かといって /%post_id% とか /%postname%/ だけにしてしまうと

  • http://example.com/11
  • http://example.com/entry-title/

という感じで、ドメイン直下に投稿IDやタイトル(スラッグ)がくるURLになってしまい、なんかイケてない。
アクセス解析の時に、同一ジャンルのコンテンツで束ねた確認がしづらい。
»続きを読む

遅ればせながらWordCamp Kansai 2日目 コントリビューターデイ参加の記録 #wckansai

前回のリレーブログで記載の通り、WordCamp Kansai 2Days参加しました!その中で、WordCamp Kansai 2日目 コントリビューターデイについて書きたいと思います。

はじめに. “Ninja Wrangler” Samさんのありがたいお話

最初にWordPressコアの開発の他、wordpress.orgウェブサイトの運営に携わるサムさんから、WordPress開発現場の話や、WordPressへの具体的な貢献方法についてのプレゼンテーションがありました。
»続きを読む

感謝と恩返しとWordPress日本語フォーラムと私 -WordCamp Kansai 2014リレーブログ- #wckansai

この投稿はWordCamp Kansai 2014のリレーブログ(6日目)として書いています。
公式サイトのリンクよりお越しのみなさん、はじめましての人ははじめまして。お会いしたことのある方はごぶさたしてます。
黄緑色のまいぺーすたんこと、Kさんです。

家庭の事情もあり、なかなか普段名古屋以外のイベントに参加できない私ですが、今回はめでたく都合がつきまして、しかも泊まりで2日間参加できることになりました!
どうもどうも、よろしくお願いいたします。

今回、WordCamp Kansai 2014への参加にあたって一番のモチベーションになったのが、2日目の「コントリビューターデイ」です。

私がWordPressコミュニティに参加する理由、一番は純粋に「楽しいから」ですが、もうひとつ大きな理由に「感謝と恩返し」があります。
私は今フリーランスで生計を立てています。その前は立ち上げ直後の零細企業で、ほぼひとりで(後輩は1人いたけど)Web制作部を切り盛りしていました。

WordPressと出会わなければ、スキルも経験も実績も何もない状態からひとりでWeb制作部をやっていくなんてことはできなかったでしょうし、ましてやフリーランスでそれなりにお仕事をいただけることも無かったでしょう。
WordPressが私の世界を広げてくれたのは間違いありません。
だからこそ感謝の気持でいっぱいですし、恩返しの意味も込めてコミュニティ活動に出来る範囲で参加しています。

»続きを読む

【実験企画後編】WordPressのpost_classタグを消さなくても構造化データエラーは消せます。そこで構造化データについて少し注目してみましょう

前回の記事「「構造化データエラー対策でWordPressのpost_class記述を消そう」って記事を読んだので、あえて消さずに対策する実験【前編】」では、単にウェブマスターツールのエラーを消そうというだけの簡単な実験を行いました。

2週間の実験結果 : 正しいclass付与でエラー減少

10日後、「author」の項目以外のエラーは減少していました。

ウェブマスター ツール - 構造化データ - http_www.ncuhum.jp_

»続きを読む

今年もスタッフしました!

書籍を執筆しました

WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】


翔泳社さんより、2015/02/27発売です。

寄付歓迎(・ω<)☆

当ブログの記事があなたの役に立ったら、気が向いたらでいいのでドネーションいただけると更新の励みになります!
気が向いた方はこちらから

ブログ内検索