Web制作者的 お客さんに実はお願いしたいこと(Vol.1)[self reblog]※情報古いです

【このエントリーは会社員時代に書いた記事のリブログです。】
Web制作に係わっていると、お客さんからいろいろなことを言われたりします。
また、制作に関するやり取りの中で、こちらが予想だにしないリアクションがあったりすることもしばしばで、それだけに苦労も楽しみも多いものです。

こまっちゃうな~の図(写真はイメージです…)

どうしても、その業界に身を置く者とそうでない人との間には、認識の違いや感覚のギャップが存在します。

それは当然のこととして受け止めますが、それでもやっぱり、「いくらなんでもそれはやめて~」ってこともあるわけで。

これはWeb制作スタッフなら多かれ少なかれ、誰もが感じることです。いつも読んでるWebデザイナーさんのブログにも、先日こんな記事が載っていました。

クライアントからのムチャぶり迷言集:Webクリエイターボックス

「あ~、あるある!」といったことから、「さすがにそんな人いないよ~」という過激な内容まで…
ニヤニヤしながら読んでしまいました(笑)

まぁ、いろいろ言われてもそれを最終的にはなんとかするのが我々の仕事なわけで、
楽しんで読みつつも、改めて考えさせられる内容ではありました。

(とはいえ、業界外の人にとっては内輪のあるある話なんで、かるーく読み流すのが賢明ですねcoldsweats01

その流れで、今日は普段なかなか面と向かってお客さんに言いづらい、
「できれば、こういうことはやめて欲しいな~」
「できれば、こういう風にして欲しいな~」

といった内容を、ここぞとばかりに主張したいと思います。

»続きを読む

「ブログが続かない!」って人へ 【後編】何事もメモと情報収集![self reblog]※情報古いです

【このエントリーは会社員時代に書いた記事のリブログです。】

なんとなく、義務感に駆られてブログを始めてみたものの、なかなか書き続けられない方への自分なりの意見を2回にわたって書きましたが 、たまたまタイムリーにこんなブログ記事が出てました。

『ビジネス2.0』の視点:ブログを毎日更新し続けるために
情報や通信関係のコンサルタントをされている方のブログなのですが、なんと3年以上毎日ブログの更新をされているのだそうです。
ブログを続けるためのポイントがいくつか紹介されていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

とはいえ、この方のようになかなか毎日更新を続けるのは並大抵のことではありません。
むしろ、パソコンや物書きが苦手な方や、本業がお忙しい方には、
「毎日更新する必要はないですよ!」と言いたいです。
1週間に1回でもいいですし、たくさん更新するよりは自分のペースを保つようにした方が良いと思います。

今日はシリーズ最終回。ブログを書くために自分の使ってるいくつかの方法をご紹介します。

»続きを読む

「ブログが続かない!」って人へ 【中編】読者は1人だけでいい[self reblog]※情報古いです

【このエントリーは会社員時代に書いた記事のリブログです。】

さて、ブログのターゲットを決めたら、次は肝心のネタです。

基本的には何を書いてもいいのですが、ここではビジネス用ブログに絞って、より効果的な記事を書くコツについて書きたいと思います。

ターゲットを決めたら、ブログを書く目的も少し見えてきませんか?

ちなみにこのブログの場合、

・うちの会社のweb担当者がどんな人か事前に知ってもらうことで、少しでもイメージアップや受注につなげたい
・ネット初心者お客さんによくあるトラブルやよく受ける質問を公表しておくことで、私自身への個別の問い合わせを少しでも減らしたい
お客さんのweb業界やホームページに関する誤解や無知を改善し、少しでも私が折衝しやすいようにお客さんの再教育をしたい

…こう書くとなかなかに自己中心的な動機に聞こえますね…。
でも、会社名義でブログをやるってのは、やっぱり多かれ少なかれ利益を求めますよね?

お客さんとのコミュニケーションだったり、お客さんのための有益な情報。そこには自ずと読者が集まります。

お客さんのためのブログ=つまりは自社の利益に!

完璧に実現させるのは難しいですが、常にこの好循環は頭の中に描いておいてほしいです。

さて、本題はここからです。
前回、ターゲットは出来るだけ具体的に。いっそ特定の個人を対象にしてもOKと書きました。
これが、ブログのネタを作りやすくするコツその1です。今日は、「でも、ターゲットを決めても何を書いたらいいのか思い付かない」って方に贈る中編。

»続きを読む

「ブログが続かない!」って人へ 【前編】誰が読むの?[self reblog]※情報古いです

【このエントリーは会社員時代に書いた記事のリブログです。】
今日は、ブログの話。

いわゆるブログブームというやつが一気にきたのが2004年くらいだったでしょうか。
その後、ブログは一時のブームから、一般的な情報公開ツールとして世に定着しました。

しかしながら。
「よし!ブログやろう!」
と思い立ったものの、なかなか更新出来ずに気が付けば更新されずに放置…

そんなブログの数の多いこと!

少し古いですが、2008年のデータによると、開設されたブログの実に80%が更新されず放置されているといいます。(出典:ITMedia 2008/7/4

実際のところはブログを続けられるかどうか、というのは本人の性格とか、純粋に物書きが好きかどうかとか、そういうのに左右されるので、「これをやれば必ずブログを続けられる!」ってのはないんですが。

でもそれじゃ身も蓋もないんで、ブログをやるうえで意識した方がよいと思うことを3回シリーズで書きたいと思います。

»続きを読む

あなたの携帯メールアドレス、ルール違反かも!? [self reblog]※情報古いです

【このエントリーは会社員時代に書いた記事のリブログです。】

とあるクライアントさんから、
「お客様から『携帯サイトのメールフォームから問い合わせをしたが、返信がない』と言われたけど、そもそも問い合わせが届いていなかった」
という報告がありました。

調べたところ、お客様からの問い合わせメールがエラーとなって、サーバに残っていました。
メールの内容は確認出来たので、改めて問い合わせを下さった方のメールアドレスにパソコンからメールを送ろうとしても、やっぱりエラーとなって送れない…。

という事例がありました。

メールアドレスが間違っていたわけではありません。
原因は、アドレスそのものにあったのです。

その方のメールアドレスは、携帯電話のもので、(架空ですが)以下のようなアドレスでした。

a__b.c.def@******.ne.jp

このメールアドレスにパソコンからメールを送っても、エラーで届かないんです。
でも、携帯同士なら問題なく送受信できます。

何故でしょう?

原因は、

「_ (アンダーバー)が2つ以上連続しているから。」

実は世界共通のインターネットのルールとして、「メールアドレスに使ってはいけない文字の配列」というのがあります。
主なものに、

・次の文字は原則として使用できない
/ ! “@ # $ % & ‘ ( ) = ~ | ^ : ; * + ? < > , ` [ ] { }
・@マークの直前に記号を使ってはならない
・ドット(. )、アンダーバー(_ )は2つ以上連続してはならない
・アカウント名(@マークより前)にドット(. )を2つ以上含んではならない
・メールアドレスは記号で始まってはならない

などがあります。

しかし、日本の携帯電話会社(のうち大手2社)だけがこのルールを無視し、違反メールアドレスを使えるようにしてしまっているのです。

どうですか?
あなたの携帯メールアドレスはあてはまっていませんか?

しかし、もしあなたの携帯アドレスがこの違反条件にあてはまっていても、決してあなたが悪い訳ではありません。
そんなこと、知らなくて普通です。知らないのが当たり前です。

悪いのは、国際ルールを完全にないがしろにしたまま携帯メールを普及させてしまった日本の携帯電話会社だと思います。

携帯メールが普及しはじめた頃は、携帯メールは携帯電話同士でやり取りするものでした。

しかし、今は違います。
携帯電話でホームページを検索したり、お問い合わせメールを送ったり、また携帯電話とパソコンでのメールやデータのやり取りは日常のように行われるようになっています。

そんな世の中になっているのに、この問題の改善に関してはいかにもスローモー。

2009年になって、ようやくD社は違反アドレスの新規取得は出来なくなったものの、未だに多数の違反アドレスが世の中に存在しています。
しかし、某K社は元々は国際ルールに基づいていたものを、逆にルール違反のメールアドレスを使えるようにしてしまったのです!

これには呆れました。

日本の携帯電話は、世界的に見ればかなり独自の発展路線をたどっていると言われます。

しかし、どんどん国際化が進めば、海外との携帯メールの機会も増えていくことでしょう。
<もっとも海外ではアドレスでなく、電話番号でのメール(SMS)が主流らしいですが>

とにかく、国内でのメールトラブルを減らすためにも、国際標準化のためにも、日本の携帯電話会社はメールアドレスのルールについていま一度再考していただきたいと願って止みません。

興味がある方は、以下の方々のブログ記事なんかを読んでみてください。
ごもっともなことが書かれています。

http://www.snow-flake.jp/archives/2733
http://neta.ywcafe.net/000803.html
http://tokyo.ymca.or.jp/information/keitai.html

ちなみに。
一部のメールソフトでは、ちゃんと違反アドレスにも送れるようになっているようです。
また、abc..def@****.ne.jpにどうしてもメールを送りたい場合、
“abc..def”@****.ne.jp と、いった風に、@マークの前の部分を “ ” で囲むと送れる場合があるらしいです。
(ただし自分で試してみたことはないので、何ともいえませんが・・・)

書籍を執筆しました

WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】


翔泳社さんより、2015/02/27発売しました。2年経ちますのでもう賞味期限切れだとは思いますが、一応実績として...

寄付歓迎(・ω<)☆

当ブログの記事があなたの役に立ったら、気が向いたらでいいのでドネーションいただけると更新の励みになります!
気が向いた方はこちらから

ブログ内検索