きのこ

『mypace custom plus』カテゴリーの投稿一覧

カスタム投稿タイプを練習する為のWordPress子テーマ”mypace custom plus 1.5”リリース

v1.4リリース時、

このテーマを最初に制作してから2年近くが経ちました。今後このテーマのpage-goods.phpで使っているquery_postsを使った実装方法は非推奨になっていく流れです。

また、現在のバージョンでは、わざわざ表示用の固定ページを作らなくても、
'has_archive' => true
を1行追加しておけば、勝手にアーカイブページが生成されます。

たとえばパーマリンク設定が /archives/%postname%/だったら、http://example.com/archive/construction で勝手に一覧してくれてるはずです。
適宜最新のCodexなどを参照してください。

と書いたままずいぶん時間が経ってしまいましたが、管理をGitHubに移すのと同時にpage-goods.phpファイルは廃止することにしました。

当バージョンでの変更箇所(子テーマ:mypace custom plus 1.5)

カスタム投稿のデモページは用意してないけど、クリックで画像拡大するよ

  • page-goods.phpを廃止(query_postsを使った実装方法は今後おすすめできなくなるため)

(さらに…)

カスタム投稿タイプを練習する為のWordPress子テーマ”mypace custom plus 1.4”リリース

こちらの改修は随分久しぶりになってしまいましたが、親テーマmypace customの1.7のリリースと同時に、子テーマもバージョンアップしました。

当バージョンでの変更箇所(子テーマ:mypace custom plus 1.4)

カスタム投稿のデモページは用意してないけど、クリックで画像拡大するよ

  • CSSファイルの@importを廃止し、style.cssの読み込みを、functions.phpでwp_enqueue_style関数を記述する方法に変更。
  • カスタムタクソノミーの一覧表示用テンプレートファイルtaxonomy-goodscategory.phpを追加。
  • 各ファイルの<?php get_header(); ?>上のコメント(<!– *****.php start –>)を削除。(IEの後方互換問題解消のため)

(さらに…)

カスタム投稿タイプを練習する為のWordPress子テーマを配布!”mypace custom plus”のご紹介

WordPressを企業サイトとして使うなら、やっぱりカスタム投稿タイプは使った方が良いですよ。

以前私が初めてWordPressを使った案件では、例えば「お店ブログ(新着情報)」というページと、「商品紹介」というページをお客さんが更新するにあたって、全部「投稿」に入れてカテゴリーで出力箇所を制御しているような作りでした。

でも、いちいち「カテゴリー」のところにチェック入れてもらうのはハードルが高い気がします。
チェックし忘れたり、間違えたら「商品紹介」のところに新着情報が出ちゃったりするわけだし。

そこで、カスタム投稿タイプの出番です。
実装方法は、こちらの記事で書きましたのでそちらをご覧ください。

pen改正版:カスタム投稿タイプの表示用のページを作る-WordPress備忘録-

でも、「自分でやるの面倒!」「それテーマにしといてよ!」って声が聞こえてきそうなので、えぇ、作っちゃいましたとも!
(さらに…)

▲Pagetop