プログラミングのキモ01 ~if…else文

いまやっているのはJavaScriptですが、どんな言語でもプログラミングの初心者にとってまず1つキモとなるのがif…else文による条件分岐なのかなぁ、と思います。

excel等でもif文はありますし、シロかクロかな関数なので、理論としては難しいことはないと思います。
でも、条件判定をどうするかが難しい。ここをちゃんと理解しないとプログラミングはいばらの道かも。。。。

ここでのポイントは、

if (yourscore == perfect) というように2つの数値を等しいことを表す際に、=記号を2つ書くこと。

yourscore = perfect と書いちゃうと、「変数yourscoreに、変数perfectの値を代入する」という意味になってしまいます。

今回のは、点数を入れると、条件別に

  • 「100点の場合」
  • 「100点超の場合」
  • 「80点以上100点未満の場合」
  • 「50点未満の場合」
  • 「その他(50点以上80点未満)の場合」

の5つのパターンのダイアログを用意しました。


	var	yourscore; //変数を宣言:テストの点数
	var perfect = 100; //基準値1:100点満点
	var scoreA = 80; //基準値2:80点以上はA
	var scoreB = 50; //基準値3:50点以上はB

	yourscore = prompt("あなたのテストの点数は何点?",""); //yourscoreの値をダイアログから入力させる
	yourscore = parseInt(yourscore); //yourscoreの値を数値として扱わせる

	if (yourscore == perfect) { //100点の場合
		alert ("100点満点すばらしい!");
	}	else if (yourscore > perfect) { //100点超の場合
		alert ("そんな点数ないよ!");
	}	else if (yourscore >= scoreA) { //80点以上100点未満の場合
		alert ("頑張ったね!A評価です");
	}	else if (yourscore < scoreB) { //50点未満の場合
		alert ("ドンマイ!C評価です");
	}	else { //その他(50点以上80点未満)の場合
		alert ("惜しい!B評価です");
	}

	document.write("おしまい!");

結局今回はB判定の場合を「その他」(else)にしたのですが、最初は、【満点→A→B→C→不正点数】の順で条件判定しようとして、ややこしくて変えました。

この程度なら簡単ですが、条件判定をどのように、どの順で、どういう基準で行っていくか?というのがどうやらプログラムを作るうえで頭を使わないといけないところのようです。
プログラマーさんって大変だな。。。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。
  • 記載内容に関する批判や間違いの指摘などはそのまま掲載する方針ですが、投稿内容と無関係な誹謗中傷、一方的な罵詈雑言の場合は削除させていただく可能性があります。
  • 通常業務の合間にコメントチェックをしておりますので、すべてのコメントへのお返事が出来ない場合もございます。あらかじめご了承ください。
  • 管理人個人への連絡等は、コメント欄ではなくコンタクトフォームをご利用ください。

今年もスタッフしました!

書籍を執筆しました

WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】


翔泳社さんより、2015/02/27発売です。

寄付歓迎(・ω<)☆

当ブログの記事があなたの役に立ったら、気が向いたらでいいのでドネーションいただけると更新の励みになります!
気が向いた方はこちらから

ブログ内検索