「ブログが続かない!」って人へ 【後編】何事もメモと情報収集![self reblog]※情報古いです

【このエントリーは会社員時代に書いた記事のリブログです。】

なんとなく、義務感に駆られてブログを始めてみたものの、なかなか書き続けられない方への自分なりの意見を2回にわたって書きましたが 、たまたまタイムリーにこんなブログ記事が出てました。

『ビジネス2.0』の視点:ブログを毎日更新し続けるために
情報や通信関係のコンサルタントをされている方のブログなのですが、なんと3年以上毎日ブログの更新をされているのだそうです。
ブログを続けるためのポイントがいくつか紹介されていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

とはいえ、この方のようになかなか毎日更新を続けるのは並大抵のことではありません。
むしろ、パソコンや物書きが苦手な方や、本業がお忙しい方には、
「毎日更新する必要はないですよ!」と言いたいです。
1週間に1回でもいいですし、たくさん更新するよりは自分のペースを保つようにした方が良いと思います。

今日はシリーズ最終回。ブログを書くために自分の使ってるいくつかの方法をご紹介します。

その3.携帯電話をメモ代わりにorメモ帳を使う

パソコンに向かう時間を取るのは大変です。ましてやキーボードを打つのはもっと時間がかかります。

パソコンに向かってから、「さあ、何書こうかな」
・・・・・これでは、きっと書けないと思います。書けても、かなり時間がかかってしまうのではないかと。

PCに向かう時間は最低限にするためにも、ネタはあらかじめ作っておきたいものです。
そこで自分は携帯電話を活用しています。
携帯電話の文字入力は得意ではありませんが、「あ、これネタにできる!」って内容が出来たときにすぐ覚え書き代わりにメールを作ります

携帯から投稿できるブログもありますが、対応していなくても、携帯メールで軽く文章を作っておいて自分のパソコンにメールを送ったりして後からコピー&編集するだけでもかなり違います。

ポイントは、ここではしっかりした文章にしないこと。携帯の小さな画面でちゃんとした文章を書くのは余計大変です。
思いついた文章を、文脈のつながりなんか考えずに入力。または箇条書きで打ち込み。後から、PC上でちゃんとした文章に直します。
PC、携帯の併用で、どちらかだけで文章を作る場合よりも時間短縮になります(自分の場合)

携帯メールも苦手な人は、手書きのメモでもいいと思います。
自分はあとから打ち込むのが面倒なので、コピー&貼り付けの出来る携帯メールを使いますが、本当は文章作りは手書きでやりたいと思っています。
自分の頭の中身を整理するには、やっぱり手書きが一番です。

大事なのは、何か思いついたことがあったときに、すぐメモを取る癖をつけることです。ブログのネタ作りだけではなく、ビジネス全般に言えることだと思いますが。

メモを取らない者に成長はない ・・・一応、これ自分の信念です。

#補足
あ、あとこういうこともありますよね?

ブログの編集画面を開いて書き始めて、書き上がったところで投稿ボタンを押したらインターネットにつながらない!
画面を戻したら、苦労して書いた内容が全部消えた・・・・・
もういやだ!今日はもう書かない!

そういう悲劇から、ブログの更新がいやになってしまったりするもんです。
そのためにも、携帯などで内容を控えておくのは効果的です。
PCで文章を作りたい場合も、慣れない人は編集画面に直接打ち込むのではなく、Wordやメモ帳(Note Pad)などで文章を作っておいてからコピー→貼り付けすることをおすすめします!

その4.同業者のブログを参考にする

同業者のブログ、読んだことありますか?
いろんな意見があると思いますが、自分は読んだ方がいいと思っています。同業者のブログは情報の宝庫です。自分も毎日のように全国各地のWebデザイナーさんやコーディングのプロフェッショナルの方々のブログを見て情報収集をしています。

といっても、決して情報をパクって自分のブログに載せろということではありません。
同業者のブログを読んで、「自分はこう思った」とか、「自分ならこうするのに」という感想を書いてみると、意外といいネタになります。

他のブログの内容を参考にして自分のブログを書く場合に気をつけることは、自分の行動や意見と、他ブログの記載内容をごっちゃにしないこと。
「他のブログでは、・・・・・・・・という事が書いてありました」
「それを見て自分は・・・・・・・しました」「自分なら・・・・・・・します」
というように分けて書かないと、他ブログの内容が自分の意見と誤認されてしまいます。それはNGです。(引用のルールを守りましょう)

また、いろんなブログから有益な情報を集めてきて箇条書きにし、自分の感想を添えるだけでも立派なコンテンツになります。
いわゆる「まとめサイト」「まとめブログ」というものです。
ただ引用するのではなく、そこに自分なりの情報の取捨選択が加わればオリジナリティを出すことは可能です。(もちろん引用のルールを守りましょう)

何にせよ、常に情報に対してアンテナを貼っておくのは重要なことです。ブログのネタのためだけではなくて。

その5.ネタは小出しに!

これが、まさに今回自分が取った作戦です。
「ブログを書くコツ」という1つの話題で、なんと3回分の更新が稼げちゃいました!

少々セコい手法なのですが、それなりにメリットはあると思っています。

文章が長くなってしまうので、全部を1回に詰め込むと相当なボリュームになってしまいます。そこを分けて書くことで、読みやすさにもつながり、読者にも親切になるんじゃないでしょうか。
あと、ブログの再訪問率のUPにもつながればな、とは思っています。実際どのくらい効果があるのかは未検証ですが。

最後に・・・・

正直言っちゃいます。
アクセスアップを目的としてブログをやみくもに書き続けてたって、期待するほどすごいSEO効果はありません。(いや、全くないとは言いませんが)

ホームページ自体もそうですが、ブログは即効性の媒体ではありません。持続性の媒体です。
そして、数字に現れる「量的な効果」はなかなか感じられないかもしれません。ブログの効果は「質的」なものだと思ってください。

だから、ブログは続けてナンボです。ホームページのアクセスや検索順位に一喜一憂することなく、まずは楽しんで書くことをおすすめします!

コメント / トラックバック 2 件

宮崎直人2015/07/27 01:00

個人でブログをはじめて7年、定期的に更新してみたもののアクセスが増えず、
モチベーションが維持できなくなりました。
自分なりにアクセスアップを試みましたが、良くて1日の来訪者は20人でした。
なにかヒントはないかと模索しているとき、貴ブログを発見しました。
そこで質問をさせてください。
個人でブログを運営している人でもアクセス数がとても多い人が
たくさんいます。(アクセスカウンタの表示が1日1000人等)
個人では企業のブログと違い、宣伝できる手段が限られると思うのですが、
一体このアクセス数の違いには何があるのでしょうか。
いきなりの曖昧な質問で大変申し訳ございません。

:mypacecreator| 2015/07/27 15:04

ご質問ありがとうございます。
宣伝できる手段として、私がメインにしているのはTwitterです。私は2010年1月からTwitterをやっていて、仕事のことを中心に様々なことをツイートしていたら徐々にフォロワーが増えていきました。ブログを更新したらTwitterに流して、面白いと思ってくれた人がいればリツイートで広がっていったりします。
ただ誤解してほしくないのが、別にブログのアクセスを増やしたくてTwitterをやっていたわけではなく、好きで楽しんでやっていたら、趣味や話の合うフォロワーさんが自然に増えてた、という点です。
個人ブログもTwitterも、自分が楽しくなければやる意味はないと思います。

もうひとつ、アクセス数を増やしたいなら、ちゃんとコンテンツとして魅力的なものができているか、ご自身のブログの内容を見なおしてみてください。まったくあなたのことを知らない人が、純粋にその記事を見て「役に立つ」「ためになった」と思ってくれるかどうか。
個人ブロガーで実績を上げている人は、そのあたりをとても勉強しています。私の知り合いにも、ブログをきっかけに独立したり、仕事につながっている人はいますが、基本的なブログSEOについての知識はもちろん、文章の書き方や写真の撮り方を書籍や勉強会などで貪欲に学んでいますし、また、オフラインのブロガーイベントに積極的に参加して横のつながりを強めたり、ファンを作るための努力をされています。
ブログはひとりでは続きません。仲間を作ったり、そういう刺激を得るための活動をしてみてはいかがでしょう。

2010年にこの記事を書いてから5年経っていますが、このように古い記事に偶然アクセスしてコメントしてくださる方もいます。
その時は5年後も読まれるなんて意識して書いていませんが、ある程度長く読んでもらえるコンテンツを増やしていく、あたらしい記事を書くのが大変なら、昔書いた記事をブラッシュアップしてより魅力的なものに書き換えてみる、など試してみるのもいいかもしれませんよ。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • スパム・迷惑コメント投稿防止のため、メールアドレスの入力が必須ですが、公開はされません。何卒ご協力のほどお願いいたします。
  • 投稿いただいたコメントは管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。
  • 記載内容に関する批判や間違いの指摘などはそのまま掲載する方針ですが、投稿内容と無関係な誹謗中傷、一方的な罵詈雑言の場合は削除させていただく可能性があります。
  • 通常業務の合間にコメントチェックをしておりますので、すべてのコメントへのお返事が出来ない場合もございます。あらかじめご了承ください。
  • 管理人個人への連絡等は、コメント欄ではなくコンタクトフォームをご利用ください。

書籍を執筆しました

WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】


翔泳社さんより、2015/02/27発売しました。2年経ちますのでもう賞味期限切れだとは思いますが、一応実績として...

寄付歓迎(・ω<)☆

当ブログの記事があなたの役に立ったら、気が向いたらでいいのでドネーションいただけると更新の励みになります!
気が向いた方はこちらから

ブログ内検索