『PC操作・ハード等』カテゴリーの投稿一覧

IEで「背景の印刷をする」にチェック入れたのに印刷できなかった…[self reblog]※情報古いです

【このエントリーは会社員時代に書いた記事のリブログです。】

ホームページを印刷することって、結構多いんじゃないでしょうか?

自分たちのようなWeb屋さんなんかは特に多いですね。
打ち合わせ現場では、ページを印刷したものにどんどん修正箇所やお客さんの要望を書き込んでいきます。

他の業種の方でも、例えば
「自社のホームページを印刷してパンフレット代わりに配っている」
「営業マンが自社のホームページを印刷したものを持って営業回りしている」
「(飲食店で)メニューページを印刷して、壁に貼ったり各テーブルに置いたりしている」

などなど、ホームページの印刷ニーズは、どうやら制作者側が思っているよりも高いようです。

で、ホームページを見た目通り印刷するには、Internet Exploerの場合、インターネットオプションで「背景の色とイメージを印刷する」にチェックが入っている必要があります。

でも今日、この機能を使っても背景が印刷されなくてちょっと焦りました・・・sweat01
で、後から調べて解決したのですが、きっと知らない人も多いと思うのでここに記録しておきます。

»続きを読む

WordやExcelに貼り付けられた画像を一発で抜き取る方法 [self reblog]※情報古いです

【このエントリーは会社員時代に書いた記事のリブログです。】

以前書いた「Web制作者的 お客さんに実はお願いしたいこと」シリーズで、多くの方から共感の反応を頂いたのが「写真やロゴデータを、わざわざWordやExcelに貼って送ってこないで!」というネタでありました。

同じような苦労をされているデザイナーさん、多いみたいですねっ!

ところがところが、天使というものは存在したんですね~。
Twitterでいつもいろいろ参考にさせて頂いているたけさん(@take_it02)から、WordやExcelに貼り付けられた画像を一発で抜き取る方法を教えていただきました!!

ありがとうございます!

対処法はとっても簡単☆

「ファイル>Webページとして保存」で一発解決!!

Webページとして保存することで、埋め込み前のサイズのデータが吐き出されます。
たったこれだけ!

これであの悪夢のような作業から即、開放っbleah

ぜひぜひやってみてください~~

#知ってる人には、「何をいまさら・・・」「え、知らんかったの?」ってネタなんですけどね。
でも、意外とWebの仕事してる人でも、知らない人は知らない。ということで。
こういうのとか「初心者向けの小ネタ」は随時募集中です。

2010.08.10 追記!保存形式が合ってないと失敗します

「Webページとして保存」するときに、ファイルの形式が合ってないと画像が抜き出せません。

「ファイルの種類」を「Webページ」にしてね

そのままの設定で保存すると「単一ファイルWebページ(*.mht; *.mhtml)」になることがけっこうあるみたいなのですが、これだと画像を抜き取れません。

「Webページ(*.htm; *.html)」にしてください!

#Special Thanks to ロザンヌさんhappy01http://mikazukibunko.web.fc2.com/

#2010.09.30 追々記
もう一息簡単な方法として、「拡張子を.zipに変えてから解凍する」という方法があります。これだとわざわざその書類を立ち上げなくても済みます。

(≫ZIPにリネーム&解凍、これでOffice文書から画像抽出可能|ライフハッカー[日本版]

しかし、この方法では、

  • 拡張子がdocxとかxlsx、つまりOffice2007以降じゃないとダメ
  • そもそも拡張子を表示する設定になってないとダメ
  • さらに、ファイルの「解凍」が出来ることが必須

うちの大部分のお客様のPCスキル的に、「拡張子」「解凍」ということ自体が難しい作業だと思いましたので今回は割愛です。
ただ、すごく便利なので出来る方はこちらの記事も内容もぜひお試しください!

ホームページが文字化け!慌てず直す方法 [self reblog]※情報古いです

【このエントリーは会社員時代に書いた記事のリブログです。】

インターネットを見ていると、まれに文字化けすることがあります。
「なんじゃこりゃ?」とあわてる前に、以下のパターンを覚えておけばだいたいの場合は直すことが出来ます。

まず大前提の知識として、

日本語の文字コード(※1)は、何種類もある!

(※1.パソコン上で日本語を表示させるための技術というかルールみたいなやつ)

ということを知っておいてください。何種類もあって、普段は自動で正しいやつを判別して表示してくれるんだけど、PC側もたまに間違うことがある(=コレが文字化け)ので、手動で訂正してやらないといけないことがあるんです。

で、この文字化けの起こり方にはパターンがあります。このパターンもいくつかありますが、とりあえず3種類の文字化け特徴だけ覚えておけばほぼ大丈夫かと思います。

文字コードの変え方

3つの文字化けパターンの特徴を知る前に、まずは文字コードの判別が間違ってた場合に手動で直す方法をご説明します。

下の画像はInternet Explorer 8の場合ですが、並んでるメニューの中から「ページ」(ない場合は、「表示」)というのを探してください。

「ページ」メニューを選択すると、その中に「エンコード」というのがあると思います。そこを選択すると、文字コードを選んで変更することが出来ます。

文字コードはメニューの「ページ(または「表示」)」>「エンコード」で変更(クリックで拡大します)

通常は、「自動選択」にしておけば良いです。

さて、変更方法が分かったところで、文字化けのケースごとに見ていきましょう。

パターン1.半角カタカナや「、」が多い

こんな感じで、半角のカタカナや「、」「・」などの記号が入り混じっている場合。

ス、キ、ニヌ鋧リ、ハ、ホ、ヒナキチウ、ハ、ネ、ウ、惕筍」サ荀ホヘ

この場合は文字コードを「日本語(EUC)」に変えてください。

きっと、正しい日本表示に直ったと思います。

(これは、本来は「日本語(EUC)」で表示しなければいけないところを、誤って「日本語(シフトJIS)」で表示したときに起こるタイプの文字化けです。)

パターン2.ものすごく画数の多い漢字が大量発生!

結構ウイルスっぽくて怖い感じの文字化けがコレ。

縺ァ縲∽サ頑律縺ッ譎ョ谿オ縺ェ縺九↑縺矩擇縺ィ蜷代°縺」縺ヲ縺雁ョ

この場合は文字コードを「Unicode(UTF-8)」に変えてください。

(これは、本来は「Unicode(UTF-8)」で表示しなければいけないところを、誤って「日本語(シフトJIS)」で表示したときに起こるタイプの文字化けです。)

パターン3.□または?がやたら多い

???????????E???????i

または

□□□□□□E□□□□□□□□□□i

この場合は文字コードを「日本語(シフトJIS)」に変えてください。

(これは、本来は「日本語(シフトJIS)」で表示しなければいけないところを、誤って「日本語(EUC)」または「Unicode(UTF-8)」、その他別言語で表示したときに起こるタイプの文字化けです。)

よくあるのはこの3つです。

文字コードに関する話を詳しくしていくと、いつもにも増して、かなり長~い文章が書けてしまうので・・・・それはまた別の機会にします。

とりあえずはこの基本パターンを覚えておけば、ホームページを見たときの文字化けだって怖くない!です!

書籍を執筆しました

WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】


翔泳社さんより、2015/02/27発売しました。3年近く経ちますのでもう賞味期限切れだとは思いますが、一応実績として...

寄付歓迎(・ω<)☆

当ブログの記事があなたの役に立ったら、気が向いたらでいいのでドネーションいただけると更新の励みになります!
気が向いた方はこちらから

ブログ内検索