WordPress4.1~4.3.xでカスタムフィールドを使い、投稿ごとにタイトルタグを自由に編集する方法(フィルターフック使用)

4年前の2011年5月に『初心者でもプラグインを使わずにtitle,meta keyword,descriptionを投稿ごとに変える[WordPress使えそうなスニペットシリーズ]』という記事を書き、昨2014年10月にコードを見なおして記事を改訂しました。

しかし、2015年1月にリリースされたWordPress4.1からは、タイトルタグはheader.phpではなくfunctions.phpで定義して出力する方法が推奨と変わりました。
そこで、カスタムフィールドを使って投稿ごとにtitle要素を任意の文字列に変更するためのコードを書きなおしてみました。
»続きを読む

WordPressサイトでGoogleから「CSS ファイルおよび JS ファイルに Googlebot がアクセスできません」と言われたら原因はバージョンかも

「CSS ファイルおよび JS ファイルに Googlebot がアクセスできません」こういうやつが来たら

昨夜(2015年7月28日夜)から今日(29日)にかけて、Google Search Consoleからこんなメールをもらった人が結構いると思います。

(サイトURL)の CSS および JS ファイルに Googlebot がアクセスできません

Google のアルゴリズムによるコンテンツのレンダリングとインデックス登録に影響を及ぼす問題が貴サイトで発生していることが Google のシステムにより判明しました。具体的には、robots.txt ファイルでの制限のために Googlebot が JavaScript や CSS ファイルにアクセスできません。Google では、これらのファイルによりウェブサイトが正常に機能していることを認識するため、これらのアセットへのアクセスをブロックすると検索結果における掲載順位が本来よりも低くなる可能性があります。

Googleはいつも月末や年度末などの慌ただしい時にこういうのを送ってくるので困ります^^;
午後あたり問い合わせがたくさん来そうですが、個別に対応している時間がないのでとりあえず書いておきます。

»続きを読む

WordPress日本語フォーラムの解決率(自分が関わった分)を調べてみた

先月書いた「初心者向けこわくないWordPress日本語フォーラムの使い方のコツ」という記事の中の
「ところで、WordPress日本語フォーラムの解決率はどのくらい?」という内容で

最近120件くらいの履歴をざっと確認したところ、おおよそ[解決済み]ステータスに変わっているのは6割弱くらいでした。
(略)
※後日もう少し正確にカウントします

と書きました。
自分も気になったので、言った通りもう少しちゃんとカウントしてみました。

»続きを読む

初の著書『WordPress 標準デザイン講座』という本の想定ターゲットや、執筆に至るきっかけなど

実はここ4ヶ月くらい、本を書いていました。
WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】』という本で、同じ名古屋在住の石原さんとの共著です。
2015年2月27日(らしい)、翔泳社さんより発売されます。

1月中旬にはすでにAmazonに掲載されていて、宣伝や拡散できるようにはなってたんですが、原稿が完成していない状態で宣伝する気にはまったくなれず、このタイミングでのお知らせとなりました。
※まだ校正作業やサンプルデータの調整が続いており、完全に脱稿までは至っていないのですが…

ここでは、出版社さんからの公式情報には書いてない、この本の特徴などを書いていきます。
»続きを読む

初心者向けこわくないWordPress日本語フォーラムの使い方のコツ

フォーラムこわくないよ!

2015年になってしまいました。あけましておめでとうございます。
正月明け早々、明日は人生初の人間ドックです。会社員時代はそういう福利厚生一切無かったので、大学生の時の健康診断以来です。さてさてどうなることやら。

さて新年1つ目の記事は、WordPress日本語フォーラムについてです。
年末、現実逃避で久しぶりにフォーラム巡回をしたのですが、かなりの質問の数におののきつつ、できる限りで回答をしました。
フォーラムでは「ああ、もっとこういう情報があれば答えやすいのに」と感じる質問も多いのですが、一方で「何をどうやって質問したら良いのか分からないけれど、誰にも聞けなくてフォーラムに一筋の光を求めてきました」という悲痛なSOSも感じ取れます。

以前も『感謝と恩返しとWordPress日本語フォーラムと私 -WordCamp Kansai 2014リレーブログ-』の記事でもWordPress日本語フォーラムについて書きましたが、勉強会とかに行くと「フォーラムこわい」という声はやはり多いです。
質問者と回答者が双方気持ちよく使えるように、こわくないフォーラム活用について、常々思っていることをまとめてみたいと思います。

※WordPress日本語フォーラムに特化した形で書いていますが、おおよそは他のコミュニティやQ&Aサイトでも共通だと思います。

»続きを読む

古畑名シーンAdvent Calendar2014 Vol.07 ―とりあえずのまとめ

古畑名シーンAdvent Calendar2014、なかなかかけなくてごめんなさい、って誰に謝っているんだ私は。
12/25を迎えるもまとめが書けず、遅れ遅れでひとまずの締めの記事を書こうと思います。

毎日欠かさず25日間きっちりやり切る自信はありませんf^_^; 無理のない程度に休み休みやろうと思います。

とは書きましたが、一応自分の中での目標として、10回はいければと思っていましたが、結果はなんとも寂しい6回。
最初に言い訳をしておいたとはいえ、さすがに心折れそうでした。

今回の試みは、

  1. 自分の知っていることを
  2. それをまだ知らない人に
  3. 分かりやすく伝える

・・・というような意図は、一切ありません!

  1. 自分だけが楽しいことを
  2. それをまだ知らない人のことは考えずに
  3. わかりにくくてもいいから思いのままに書く

という、私以外誰も得しない企画でした。
いや、わたしも全く得はしていないのですが。。。

仕方ないので一応のまとめ

  1. 古畑任三郎は20年たっても色あせない
  2. でも我々が教訓にすべきことを見つけるのは難しい
  3. Advant Carendarはみんなで書こう
  4. 一人Advent Calendarをやるなら1年かけて準備しよう

締めの記事を書かないと普通のブログが書けないような強迫観念がありましたが、
これで来年からまたいつものWebやWordPressや仕事ネタが書けます。
本年最後の更新がこんな感じですみません。来年もよろしくお願いします。良いお年を。。。

##来年はどうしますか??

普通に1人が1回ずつ書く、普通のAdvent Calendarに参加したいと思います。
ゴスペラーズAdvent Calendarとか、堺雅人Advent Calendarとかはやりません。

古畑名シーンAdvent Calendar2014 Vol.06 ―第17話『赤か、青か』より

古畑名シーンAdvent Calendar2014、ようやく6日目ですこんにちは。

これまで5回、「渋い系」な回をセレクトしてきましたが、今回はかなりメジャーな回を取り上げます。
2ndシーズン4話目、第17話『赤か、青か』。ゲストはSMAPの木村拓哉さんです。

木村さん演じる大学助手・林功夫が、大学の隣にある遊園地の観覧車に時限爆弾を設置。
去り際に目撃された警備員を撲殺してしまいます。
さらに、時限爆弾が設置された観覧車のゴンドラに、こともあろうに今泉くんが乗ってしまい、彼が携帯電話で爆発物処理班から指示を受けて解体作業を行うという状況になります。

この話は、その後いろんなところで目にするようになった定番シチュエーション

「爆発物の解体、最後に残った赤と青の銅線、さぁどっちを切る!?」

っていう、今となってはあまりにもベタとなったシーンの走りとなったシーンがあります。

有名なところだと、「名探偵コナン」の劇場版第1作目のラストシーンに、同様のシーンがありましたね。
その後、なんか色んな所で似たような設定を見た気がします。コントのネタとして使われているところも見たことがあります。

»続きを読む

古畑名シーンAdvent Calendar2014 Vol.05 ―第20話『動機の鑑定』より

古畑名シーンAdvent Calendar2014、ついつい甘えから3日休んでしまいましたすみません。
言い訳をしておきますと、作品の講釈はいくらでも書けるんですが、最後の「今日のまとめ」がなかなか思いつかずに苦しんでいます。。。
(24と違って、古畑本人から学べることってあんまりないですからね… 基本、犯人側からの目線になりますね)

今回も比較的渋めのセレクトかもしれません。前回の八十助さんに続き、今回も歌舞伎役者さんのゲストです。
二代目澤村藤十郎さん。歌舞伎通の人でなければ、あまり馴染みのない役者さんかもしれません。
私も後から調べて知ったのですが、現代劇への出演はこの『古畑任三郎』が初。
その2年後の1998年には脳梗塞を患い舞台からは遠ざかっていたそうなので、古畑以外で拝見したことがないという方も多いと思います。
しかし、柔らかい口調ときれいなお声が印象的で、この回が好きだというファンも多いことでしょう。

なお、その後は公の場へ出られるほどに回復され、近年では歌舞伎の振興に尽力されているそうです。
初日に澤村藤十郎が出演!大阪松竹座「関西・歌舞伎を愛する会 結成三十周年記念 七月大歌舞伎」| 歌舞伎美人(かぶきびと)

昨2013年に市川團十郎さんの葬儀で撮影された藤十郎さんの写真をニュースサイトで拝見しましたが、髪がロマンスグレーになっていました。素敵に歳を重ねられているなぁと思いました。
(ちなみに藤十郎さんと田村正和さんはともに昭和18年生まれの同い年です)


しかし、今回スポットを当てるのは藤十郎さん演じる骨董商・春峯堂の主人ではありません。

春峯堂主人の言いなりでアリバイ工作に加担するも、中盤で古畑の執拗なマークに耐えられなくなり、逃げ出そうとしたところを口封じのため春峯堂主人に殺害されてしまうという悲しき共犯者、角野卓造さん演じる錦織美術館館長・永井です。

»続きを読む

古畑名シーンAdvent Calendar2014 Vol.04 ―第5話『汚れた王将』より

古畑名シーンAdvent Calendar2014、まだまだ先は長い4日目の私ですこんにちは。

今回も、大人になった今だからこそ深みが分かる1本を取り上げたいと思います。
1stシーズン、第5話『汚れた王将』です。

ゲストは坂東八十助(現・三津五郎)さん。崖っぷちのプロ棋士・米沢八段を独特の間と雰囲気で好演しました。

将棋の対局が日をまたぐ際に翌日の第1手目をあらかじめ紙に書いておく「封じ手」。
米沢八段はこれに細工をし、一晩じっくり考えた手で翌日の対局を有利に進めようとするも、立会人にバレてしまいます。
その夜、米沢八段は問い詰める立会人を殺害してしまいます。

封じ手のトリックは「カーボン紙」なんですが、普通に考えてカーボン紙の文字なんか一発で怪しいだろ!とか、そもそも封筒の外側に跡が残るだろ!とか、いろいろツッコミどころが多いんですが、大切なのはそこではありません。
»続きを読む

古畑名シーンAdvent Calendar2014 Vol.03 ―第18話『偽善の報酬』より

古畑名シーンAdvent Calendar2014 3日目にして早速1日休みました私です。

古畑任三郎の放送開始時、私は小学生でした。多分いまの小学生は夜9時10時台のテレビ番組も普通に見てるんでしょうが、当時、とくに我が家はきっちりしていたので、平日は9時以降にテレビを見ていると怒られました。
なので、やっていることは知ってましたが、私が古畑シリーズをちゃんと見ることができたのは、翌年夏休みのお昼にやっていた再放送でした。

そしてその翌年、中学1年生の時に2ndシーズンが始まります。

古畑シリーズの脚本には、小学生や中学生には難解なシーンや心理描写というのがけっこうあって、大人になった今見直すと、当時分からなかった作品の深みに気付いたりできるものです。

今回取り上げるのは第18話。2ndシーズンの5話目として制作された『偽善の報酬』です。(そもそも『偽善の報酬』というタイトル自体、中1には難解すぎます。)
»続きを読む

書籍を執筆しました

WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】


翔泳社さんより、2015/02/27発売しました。3年近く経ちますのでもう賞味期限切れだとは思いますが、一応実績として...

寄付歓迎(・ω<)☆

当ブログの記事があなたの役に立ったら、気が向いたらでいいのでドネーションいただけると更新の励みになります!
気が向いた方はこちらから

ブログ内検索