古畑名シーンAdvent Calendar2014 Vol.05 ―第20話『動機の鑑定』より

古畑名シーンAdvent Calendar2014、ついつい甘えから3日休んでしまいましたすみません。
言い訳をしておきますと、作品の講釈はいくらでも書けるんですが、最後の「今日のまとめ」がなかなか思いつかずに苦しんでいます。。。
(24と違って、古畑本人から学べることってあんまりないですからね… 基本、犯人側からの目線になりますね)

今回も比較的渋めのセレクトかもしれません。前回の八十助さんに続き、今回も歌舞伎役者さんのゲストです。
二代目澤村藤十郎さん。歌舞伎通の人でなければ、あまり馴染みのない役者さんかもしれません。
私も後から調べて知ったのですが、現代劇への出演はこの『古畑任三郎』が初。
その2年後の1998年には脳梗塞を患い舞台からは遠ざかっていたそうなので、古畑以外で拝見したことがないという方も多いと思います。
しかし、柔らかい口調ときれいなお声が印象的で、この回が好きだというファンも多いことでしょう。

なお、その後は公の場へ出られるほどに回復され、近年では歌舞伎の振興に尽力されているそうです。
初日に澤村藤十郎が出演!大阪松竹座「関西・歌舞伎を愛する会 結成三十周年記念 七月大歌舞伎」| 歌舞伎美人(かぶきびと)

昨2013年に市川團十郎さんの葬儀で撮影された藤十郎さんの写真をニュースサイトで拝見しましたが、髪がロマンスグレーになっていました。素敵に歳を重ねられているなぁと思いました。
(ちなみに藤十郎さんと田村正和さんはともに昭和18年生まれの同い年です)


しかし、今回スポットを当てるのは藤十郎さん演じる骨董商・春峯堂の主人ではありません。

春峯堂主人の言いなりでアリバイ工作に加担するも、中盤で古畑の執拗なマークに耐えられなくなり、逃げ出そうとしたところを口封じのため春峯堂主人に殺害されてしまうという悲しき共犯者、角野卓造さん演じる錦織美術館館長・永井です。

»続きを読む

古畑名シーンAdvent Calendar2014 Vol.04 ―第5話『汚れた王将』より

古畑名シーンAdvent Calendar2014、まだまだ先は長い4日目の私ですこんにちは。

今回も、大人になった今だからこそ深みが分かる1本を取り上げたいと思います。
1stシーズン、第5話『汚れた王将』です。

ゲストは坂東八十助(現・三津五郎)さん。崖っぷちのプロ棋士・米沢八段を独特の間と雰囲気で好演しました。

将棋の対局が日をまたぐ際に翌日の第1手目をあらかじめ紙に書いておく「封じ手」。
米沢八段はこれに細工をし、一晩じっくり考えた手で翌日の対局を有利に進めようとするも、立会人にバレてしまいます。
その夜、米沢八段は問い詰める立会人を殺害してしまいます。

封じ手のトリックは「カーボン紙」なんですが、普通に考えてカーボン紙の文字なんか一発で怪しいだろ!とか、そもそも封筒の外側に跡が残るだろ!とか、いろいろツッコミどころが多いんですが、大切なのはそこではありません。
»続きを読む

古畑名シーンAdvent Calendar2014 Vol.03 ―第18話『偽善の報酬』より

古畑名シーンAdvent Calendar2014 3日目にして早速1日休みました私です。

古畑任三郎の放送開始時、私は小学生でした。多分いまの小学生は夜9時10時台のテレビ番組も普通に見てるんでしょうが、当時、とくに我が家はきっちりしていたので、平日は9時以降にテレビを見ていると怒られました。
なので、やっていることは知ってましたが、私が古畑シリーズをちゃんと見ることができたのは、翌年夏休みのお昼にやっていた再放送でした。

そしてその翌年、中学1年生の時に2ndシーズンが始まります。

古畑シリーズの脚本には、小学生や中学生には難解なシーンや心理描写というのがけっこうあって、大人になった今見直すと、当時分からなかった作品の深みに気付いたりできるものです。

今回取り上げるのは第18話。2ndシーズンの5話目として制作された『偽善の報酬』です。(そもそも『偽善の報酬』というタイトル自体、中1には難解すぎます。)
»続きを読む

古畑名シーンAdvent Calendar2014 Vol.02 ―第2話『動く死体』より

開始2日目、早くも後悔している私ですこんにちは。
今日は第2話『動く死体』ゲスト犯人役は堺正章さんの回を取り上げます。

この話は1stシーズンの第2話ですが、実質的には最初の作品にあたります。(古畑シリーズは基本、時系列順と放送順が異なる)

今泉が古畑に自己紹介をするシーンがあることからそれが分かります。実際に三谷幸喜さんが最初に書いたのもこの話で、刑事モノをやってこなかった田村正和さんがオファーを受ける決め手となった台本です。
監督は当時メインDではなかった河野圭太氏。その後数々のフジのヒットドラマのほか、映画監督も経験する名演出家です。

それもあってか、最初にしてかなり「古畑らしい」作品に仕上がっています。すなわち、「トリックや謎解きそのものより、古畑と犯人の心理戦で魅せる」というスタイルです。

もともとは「和製刑事コロンボをつくる」という企画で始まった古畑任三郎という作品ですが、本家のスタイルを踏襲しつつも、三谷脚本と田村さんのキャラクターでまた一味違った名作になっていったわけです。

»続きを読む

古畑名シーンAdvent Calendar2014 Vol.01 ―第12話『最後のあいさつ』より

1日遅れですみません。Advent Calendarはじめます。
というのも、昨日の菅原文太さんの訃報で、2年前のこのツイートを思い出しました。

有言不実行はあまり気持ちの良いものではないですし、さらに今年2014年は古畑20周年アニバーサリーイヤーということもあり、古畑任三郎全42話の中から、特に印象深かった台詞を取り上げ、我々が学ぶべきことを考えてみたいと思います。
なお、毎日欠かさず25日間きっちりやり切る自信はありませんf^_^; 無理のない程度に休み休みやろうと思います。

なお、このアドベントカレンダーはぎりぎりばうあーさんの2012年のこちらの試みにインスパイアされてます。
『ジャックバウアーの名言Advent Calendar』

せっかくなので1日目は、菅原文太さんが犯人役の回、第12話『最後のあいさつ』からの名シーンです。

»続きを読む

家族の食事会の店選びで感じた、チェーン飲食店自社サイト「こうしたらいいのに」いろいろ

先日、実家の母親の誕生日(還暦)祝いで家族で食事に行きました。私が店を決める係で、店を決めるにあたっていろいろな店舗のウェブサイトを見たのですが、結構いろいろな点で不満を感じたので、ウェブを生業とする者として、自戒をこめてまとめることにしました。

我が家の店選びの条件

まず、我が家の場合、家族で食事に行く時の前提条件があります。

母は4年前に脳出血を患い、左半身に麻痺があります。
杖をついて歩けるので、車椅子はよほどのことがない限り使わないのですが、かといってどこの店でもいいわけではありません。

  • 椅子席であること。座敷や掘りごたつはNG
  • 店に入るのに階段を上がらなくてよいこと

この2つの条件を満たさなくてはいけません。

»続きを読む

私が普段WordPress案件で入れてるプラグインを紹介(2014年秋版)

WordBench Nagoya 11月勉強会の最後にアンカンファレンス(班別質問タイム的な感じの)をやった時、「Kさんが毎回必ず入れるプラグインを教えてほしい」という質問をいただいたのですが、残念ながらタイムアップとなったため、ブログにまとめることとなりました。

前提として

サイトの用途によって必要なプラグインも変わってきますが、スタンスとしては

  • クライアントワークで、企業サイトを作るというケースを想定
  • 公式ディレクトリ登録プラグイン
  • なるべく高機能ではない(負担の低そうな)もの
  • 迷った時は国産(知人作)

という感じです。
基本的なWordPress関数で済むような処理は原則として自分で書きますので、なるべくコードを書かずに表示をいじったり機能を追加したい、という方向けではないと思います。
ですので、よくある「使えるプラグイン○個まとめ」的なエントリーとはまた違ったプラグイン選定になっているのではないでしょうか。
»続きを読む

WordPressで、カスタム投稿タイプのアーカイブや記事ページのURLには/archivesとかを入れたくない場合の指定

特定の人に聞かれたり、教えたりしたことを書いとくシリーズです。ネタ的には多分既出です。

カスタム投稿タイプを使って企業サイトなどを制作する場合、
投稿部分はブログやお知らせなどで使っていて、パーマリンク設定を「数字ベース」にしていたり、
カスタム構造で自作の設定にしていたりして、頭にひとつ階層が挟まるようにしているケースの話です。

たとえばこんな状態ですね。

  • /archives/%post_id%
  • /entry/%postname%/

この時、カスタム投稿タイプ(例「よくある質問(faq)」を作ると、URLが

  • http://example.com/archives/faq/11
  • http://example.com/entry/faq/entry-title/

とかいう形になってしまい、ちょっと困る。
かといって /%post_id% とか /%postname%/ だけにしてしまうと

  • http://example.com/11
  • http://example.com/entry-title/

という感じで、ドメイン直下に投稿IDやタイトル(スラッグ)がくるURLになってしまい、なんかイケてない。
アクセス解析の時に、同一ジャンルのコンテンツで束ねた確認がしづらい。
»続きを読む

遅ればせながらWordCamp Kansai 2日目 コントリビューターデイ参加の記録 #wckansai

前回のリレーブログで記載の通り、WordCamp Kansai 2Days参加しました!その中で、WordCamp Kansai 2日目 コントリビューターデイについて書きたいと思います。

はじめに. “Ninja Wrangler” Samさんのありがたいお話

最初にWordPressコアの開発の他、wordpress.orgウェブサイトの運営に携わるサムさんから、WordPress開発現場の話や、WordPressへの具体的な貢献方法についてのプレゼンテーションがありました。
»続きを読む

感謝と恩返しとWordPress日本語フォーラムと私 -WordCamp Kansai 2014リレーブログ- #wckansai

この投稿はWordCamp Kansai 2014のリレーブログ(6日目)として書いています。
公式サイトのリンクよりお越しのみなさん、はじめましての人ははじめまして。お会いしたことのある方はごぶさたしてます。
黄緑色のまいぺーすたんこと、Kさんです。

家庭の事情もあり、なかなか普段名古屋以外のイベントに参加できない私ですが、今回はめでたく都合がつきまして、しかも泊まりで2日間参加できることになりました!
どうもどうも、よろしくお願いいたします。

今回、WordCamp Kansai 2014への参加にあたって一番のモチベーションになったのが、2日目の「コントリビューターデイ」です。

私がWordPressコミュニティに参加する理由、一番は純粋に「楽しいから」ですが、もうひとつ大きな理由に「感謝と恩返し」があります。
私は今フリーランスで生計を立てています。その前は立ち上げ直後の零細企業で、ほぼひとりで(後輩は1人いたけど)Web制作部を切り盛りしていました。

WordPressと出会わなければ、スキルも経験も実績も何もない状態からひとりでWeb制作部をやっていくなんてことはできなかったでしょうし、ましてやフリーランスでそれなりにお仕事をいただけることも無かったでしょう。
WordPressが私の世界を広げてくれたのは間違いありません。
だからこそ感謝の気持でいっぱいですし、恩返しの意味も込めてコミュニティ活動に出来る範囲で参加しています。

»続きを読む

書籍を執筆しました

WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】


翔泳社さんより、2015/02/27発売しました。2年経ちますのでもう賞味期限切れだとは思いますが、一応実績として...

寄付歓迎(・ω<)☆

当ブログの記事があなたの役に立ったら、気が向いたらでいいのでドネーションいただけると更新の励みになります!
気が向いた方はこちらから

ブログ内検索