感謝と恩返しとWordPress日本語フォーラムと私 -WordCamp Kansai 2014リレーブログ- #wckansai

この投稿はWordCamp Kansai 2014のリレーブログ(6日目)として書いています。
公式サイトのリンクよりお越しのみなさん、はじめましての人ははじめまして。お会いしたことのある方はごぶさたしてます。
黄緑色のまいぺーすたんこと、Kさんです。

家庭の事情もあり、なかなか普段名古屋以外のイベントに参加できない私ですが、今回はめでたく都合がつきまして、しかも泊まりで2日間参加できることになりました!
どうもどうも、よろしくお願いいたします。

今回、WordCamp Kansai 2014への参加にあたって一番のモチベーションになったのが、2日目の「コントリビューターデイ」です。

私がWordPressコミュニティに参加する理由、一番は純粋に「楽しいから」ですが、もうひとつ大きな理由に「感謝と恩返し」があります。
私は今フリーランスで生計を立てています。その前は立ち上げ直後の零細企業で、ほぼひとりで(後輩は1人いたけど)Web制作部を切り盛りしていました。

WordPressと出会わなければ、スキルも経験も実績も何もない状態からひとりでWeb制作部をやっていくなんてことはできなかったでしょうし、ましてやフリーランスでそれなりにお仕事をいただけることも無かったでしょう。
WordPressが私の世界を広げてくれたのは間違いありません。
だからこそ感謝の気持でいっぱいですし、恩返しの意味も込めてコミュニティ活動に出来る範囲で参加しています。

»続きを読む

【実験企画後編】WordPressのpost_classタグを消さなくても構造化データエラーは消せます。そこで構造化データについて少し注目してみましょう

前回の記事「「構造化データエラー対策でWordPressのpost_class記述を消そう」って記事を読んだので、あえて消さずに対策する実験【前編】」では、単にウェブマスターツールのエラーを消そうというだけの簡単な実験を行いました。

2週間の実験結果 : 正しいclass付与でエラー減少

10日後、「author」の項目以外のエラーは減少していました。

ウェブマスター ツール - 構造化データ - http_www.ncuhum.jp_

»続きを読む

マルチサイトWordPress(このブログ)をドメインキングからAWS(網元)に引越し、メールも使えるようにするまでにやったことまとめ

AWS EC2 + 網元AMI + Route53 With ムームードメイン + Outlook.com

2010年10月に初めて自分でサーバと独自ドメインを借りてWordPressで個人ブログをはじめ、早3年と4ヶ月。
初めてさんには敷居も低くてお世話になったドメインキングさんですが、定期的に「容量がもうないよ!」というお叱りのメールをいただいたり、サイトがおちたら教えてくれる「StatusCake」というサービスからも頻繁に通知をもらうようになりまして…そろそろ潮時かなと思いながら、数ヶ月放置してきました。
しかし、そろそろ重い腰を上げ、休日を利用してお引っ越ししました。

最近は普通の共用サーバに飽きてしまい、また多少コマンド操作にも慣れてきたので、移行先はAWSにしました。
さくらのVPSとも迷ったんですが、環境構築にこだわる時間もないし、網元でサクッとやってしまおうという考え。

いろんな人がAWSでWordPressを使うまでのブログを書いているので、わざわざ自分が書くこともないかなとは思ったんですが。。。
それでも途中で詰まった箇所がいくつもありまして。
結局かなりいろんな記事を参考にしたので、感謝を込めてまとめることにしました。
»続きを読む

「構造化データエラー対策でWordPressのpost_class記述を消そう」って記事を読んだので、あえて消さずに対策する実験【前編】

ブログの引越しの最中、

という記事がたまたま流れてきて目についたので、何のことかと思い見てみたところ、
解決方法が

「テーマ内のpost_class()関数を消す」

というものでした。
なんだせっかく提供してくれてる情報を消しちゃうのかぁと思ったりしました。

あまりこのへんのことに長けていない方、Web制作者ではない一般の方ならこの対応がシンプルでわかりやすいと思いますが、せっかくネタ元の方が「SEOに強いテーマ」の配布者ということで、どうせなら消すのでなくちゃんと必要な記述を足す方向で対応できたらいいんじゃないかという前向きなアンサー記事です。
どうぞよしなに。

※むしろあの記事を読んで、逆に「構造化の記述なんか書いた覚えないのに、post_class入れるだけでそこまでやってくれるんだ!WordPressすげー!できる子!」って思った私はもうかなり盲目的だと思いますね。。。

»続きを読む

受託案件で活躍しそうなWordPressメールフォームプラグイン「MW WP Form」を使ってみた

メールフォームプラグインの第三極 MW WP Form

WordPressでメールフォームが必要なとき、

  • ブログとか、簡単でいい時はContact Form 7
  • コーポレートサイトで、一般の問い合わせを受ける程度ならTrust Form
  • 入力項目が細かくてフロントに凝りたいときや、カスタムフィールドとかと連携させて投稿内の情報をフォームに反映させたい場合はプラグインを使わず外部のPHP製メールフォームを埋め込み

という風に使い分けています。
そこに、フォームプラグインの第三極が現れました!

ことのきっかけは、使用ケースの多いロリポップやhetemlと、Trust Formの相性が今一歩なことにはじまります。
ロリポップやhetemlのセキュリティ機能、WAFがONになっていると/wp-admin/admin-ajax.phpへのアクセスが遮断され、Trust Formで新しく作成したフォームが保存できないという問題が起こります。
面倒でも新しくフォームを作成するときだけ一時的にWAFをOFFにし、作成したらすぐにONに戻すという、原始的かつ確実な方法でこれまで対応してきました。(※WAFを常にOFF、ってのはおすすめしないよ)

しかし先日ロリポップで構築したとき、WAFを切ってしばらく置いても作成できないという問題に遭遇し、しかも急ぎの依頼だったため急遽使用したのが先日こちらの「問い合わせフォームを考える市民フォーラムふくおか(仮)」の記事で知ったMW WP Formです。

初めて使ったのですが、なかなか柔軟性が高く気に入ったので紹介したいと思います。

»続きを読む

WordPressにアメブロの新着記事のRSSを取得して表示、さらにPR記事を除外(2013年版)[WordPress使えそうなスニペットシリーズ]

古くて今は使えない記事が検索上位に出ているのをなんとかしたいシリーズ第2弾です。

Googleで「WordPress アメブロ RSS」と検索した時、上位に表示される記事の多くが、今のバージョンではもう存在しないrss.phpをincludeしていたり、既に非推奨になっているfetch_rss関数を使ったものを紹介しています。
そして、その記事を見て実際にやってみたけど上手くいかないということで取引先様より、コード改善の仕事が回ってきたのがこの記事を書くきっかけです。

前回、新着記事表示の件で長々と考えを書きましたが、「ああ、こっちもなんとかしなければ」という変な使命感に駆られました。

実はRSS取得については以前、「WordPressでRSSフィードを取得するwp_rssやfetch_rssが非推奨だった件」という記事でfetch_feedを使う方法を紹介しました。
初心者さんはわかりやすい個人のブログ記事だけから情報を探すことに終始しがちだけど、やっぱCodexの中に答えがあったりすることも多いからちゃんと読んだらいいんじゃね」ということを書いたのですが、やはりそうは言ってもCodexよりも個人ブログの方を参考にしたい人の気持ちもすごくよく分かります。

そこで、今回は検索されやすいキーワード、「アメブロ」「アメーバブログ」に特化して、PR記事を除外しつつ新着記事を任意の件数取得する方法を考えてみました。
»続きを読む

今さら…いや今だから「WordPressのトップページに、新着記事数件を表示する」サンプルコードをあげとく[WordPress使えそうなスニペットシリーズ]

今年に入ってから、「クエリ変更はquery_postsかpre_get_postsか」という話題がWordPress中級者以上の間では盛り上がっていましたが、初心者コピペWordPressユーザーの多くの方には「お前ら何を言っているんだ」ということでしょう。
実際、WordPress日本語フォーラムに投稿される質問の中でも、必要ないところでquery_postsを使って表示がおかしなことになっているケースがあとを絶ちません。

古い記事が検索上位に出ている現状

なぜ同じようなトラブルが減らないのかといえば、Googleで「WordPress 新着記事」「WordPress 新着情報」などのワードで検索した時、上位に表示されている記事が結構古いものが多いのにもかかわらず、新しいユーザーさんがそのコードをコピペしてしまうことが原因だと考えています。
さらにその古い記事を見てカスタマイズをした初心者さんが、「この方法でできました!」と、元記事へのリンクを添えて古いままのコードを紹介するため、元記事の影響力はどんどん強くなっていきます。

誤解しないでいただきたいのは、決して元ネタとなった記事を批判しているわけではありません。
むしろ2年も3年も4年も前に書いた記事が今でも愛されているというのは尊敬に値しますし、ブロガー冥利に尽きることだと思います。

さらに、それを参考にした初心者さんをDisってるわけでもありません。
自分も、最近は1本の記事を書くのにかなり精査してからじゃないと書けなくなりましたが、このブログを始めた当初の記事は先輩ブロガーさんの記事をコピペして試したみた記事がほとんどでした。
今でもPHPは苦手ですし、まるコピペしないにしてもよそのブログから拾ってきたコードにもお世話になっています。

正しいものは変わっていく

しかしながら私が言いたいのは、時は移りゆくということです。
とくにこのWeb業界というのは吉野川やナイアガラの滝のような激流であり、昨日まで正しかったことが今日はもう間違いだったりすることもあるわけです。
実際私が過去に書いた記事も、もう使えないものが結構あります。(でも直してなかったりしててごめんなさいごめんなさい)

ということで、前置きがとっても長くなりましたが、主題の通り「2013年7月現在、WordPressのトップページに、新着情報何件を表示させる」ためコピペするコードとして、一番トラブルが少なそうなのはこんな感じかなー、というのをサンプルとして挙げておきます。

普段は検索上位に上がってくれることはあまり望んでませんが、今回ばかりは古い記事より上位に表示させてもらえるよう頑張りたいと思います。

»続きを読む

Custom Field Templateプラグインへの寄付目的で『マニュアル閲覧権』を購入してみた ~ドネーションのススメ~

無償テーマやプラグインに寄付しよう!またテーマやプラグイン開発者のみなさんはユーザーが寄付しやすい形を用意してあげると双方幸せになるんじゃないかなー?って話です!
(つらつらと綴ったら結構長くなってしまいました。。。)


実案件でもお世話になっているカスタムフィールドの入力インターフェイスをわかりやすくカスタマイズできるプラグイン、『Custom Field Template』の「マニュアル購入権」を購入しました。

購入したのはマニュアル自体が目的ではなくて、普段ものすごくこのプラグインに感謝しているので、純粋に寄付したい!と思ったからなんです。
で、開発者の宮下さんにPayPalじゃなく銀行振込でも大丈夫か問い合わせをしたところ、マニュアルについて教えていただきました。
そこで「マニュアル閲覧権(ビジネス)」を購入することで寄付に代えさせていただきました。

»続きを読む

WordPress標準の検索フォームを使って、カスタムタクソノミーを使った簡易的な絞り込み検索をつけるメモ

WordPressでいくつかの項目をもとに記事を絞り込み検索をしたいという案件の相談があり、実装方法をいろいろと調べた時の自分用メモです。

絞り込み検索ができるプラグインとしては、『WP Custom Fields Search』というプラグインが非常に有名で、某有名ブログをはじめとして多くのブログで紹介されています。

しかしこのプラグイン、更新が2009-8-19というはるか昔に止まっておりまして、現行の3.5.1、デバッグモードtrueの環境下で動かしたところ既に非推奨の関数が使われているなど多くのお叱りのメッセージが表示されました。
デバッグモードではない通常の環境下では一応まだ動くようなのですが、自分のブログならまだしも、仕事として携わるものにそんな末恐ろしいプラグインは入れられないわ!!
ということで、このプラグインを使わない方法を試してみました。
※2013.06.06補足 なんと4年ぶりにこのプラグインが更新されましたが、説明を読むと、サポートができないのでこのプラグインのリリースは今回最後になるだろうという旨のことが書いてありました。
やはり無償プラグインは当たり前に存在するものではないということを肝に銘じておかないといけませんね。続けてほしいプラグインにはぜひ寄付や支援をしましょう。詳しくはこちらも記事もぜひ。

»続きを読む

『HTML5時代の動画コンテンツ 基礎の基礎』HTML5勉強会 名古屋 #1 スライドを公開しました

2/8(金)に行われた[HTML5勉強会 名古屋 #1]で軽く発表してきたので、そのスライドを公開しました。

元々、HTML5に関して特に人様に話せるようなネタは持ち合わせていなかったのですが、この会の説明文では

  • できるだけ知らない人に分かりやすく伝えてみると、みんなハッピーになれるはずです!
  • 『これはぜひともみんなと共有したい話だ!』『試しに発表してみたい!』という方が居ましたら、ぜひともご相談ください!みんなで会を作っていきましょう。

と書いてあることですし、
できるだけ受け身じゃなくて積極的に楽しみたいということ、
また、他の発表者の方がわりときっちりサービス開発のできる方だということで、参加者の中にある程度いるであろう「普段JSなどを触ったりしないデザイナー・HTMLコーダー・ディレクター層」に何か響くものはないかなということで、ムリヤリネタをこしらえていきました。
»続きを読む

書籍を執筆しました

WordPress 標準デザイン講座【Version 4.x対応】


翔泳社さんより、2015/02/27発売しました。2年経ちますのでもう賞味期限切れだとは思いますが、一応実績として...

寄付歓迎(・ω<)☆

当ブログの記事があなたの役に立ったら、気が向いたらでいいのでドネーションいただけると更新の励みになります!
気が向いた方はこちらから

ブログ内検索